2005年05月06日

ウエストのお直し

05050502.jpg
 もらってきた布の中に、新品のスカートが2枚ありました。買ったものの柄が合わなくて結局着なかったらしい。
 ばらして小物にでもしたら、と言われたんですけど、新しいし、水玉と小花のプリントだったら別にわたしが着てもおかしくはあるまいと思って、ウエストのサイズを直すことにしました。

 まずは水玉模様のニット地スカートのほうから。
 総ゴムタイプで、しかも表地、裏地の端を合わせてゴムを縫い込んであります。全部糸をはずさなければなりません。

 最近の総ゴムタイプのズボンって(これはスカートですけど)、どうしてゴムを縫い込んでしまうんでしょう。ゴムが伸びたら買い換えてください、ということなのかな。
 長男の中学校では、登校すると学校指定のハーフパンツもしくはジャージなんですが、これもゴムが縫い込んであるので、ゴムを入れ替えるのが大変でしょうがないです。入れ替えできるタイプにしてもらえると非常にありがたいんですけど。って、ここで言っても仕方がないですね。

 ともあれ、時間をかけて糸をはずした後、改めてゴムを入れてウエスト部分を縫い直しました。

 もう一方のスカートはサイドゴムタイプなので、総ゴムタイプに比べれば糸をはずす部分も少なくて楽でした。
posted by チム at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーイング・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。