2005年06月16日

バルキー押さえ

 下の記事のコメントでバルキー押さえの溝のことを書いたので、この際だからと押さえ金の裏側の画像をアップします。

 左側がBL-55の標準押さえ。右側がバルキー押さえ。


 裏側。バルキー押さえには幅約7ミリの溝があります。これがいせ込みにいいだのだと、かつてBL-55を購入したミシン屋さんで聞いたのですが……。

ずっとバルキー押さえを使い続けて標準のものを使っていないので、違いがわかりません(^◇^;)。
posted by チム at 11:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ソーイング・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しまった……。溝の字が間違っている……。
Posted by チム at 2005年06月16日 14:19
バルキー押えの裏写真、ありがとうございますm(__)m
って裏写真というと聞きようによっては。。。以下省略(^^;)
このミゾがポイントなんですね。ここで布のアソビ分を取ってるというか、調節しているのかしら????
ニットってべったり押えてるとどんどん伸びていきそうなイメージ、ありますものね(^^ゞ
Posted by ユリウス at 2005年06月19日 00:19
裏写真……なんだか危ないひびきですな(^◇^;)。

この溝にギャザー寄せした布がうまくはまりこんでうまくいくのかな、なんて思っていましたけど、考えてみたら、溝にすっぽり布がはまってしまったらかえって布がよく送られないような感じもしますし、実際これがどれだけ役に立っているのかは、わかりませんねぇ。
これまで差動送りダイヤルをBL??55最大の「2」にしても、送りが不安定になるというようなことはありませんでした。
Posted by チム at 2005年06月19日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18973131
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。