2006年08月01日

気になるW-ZERO3 es

 もともとコンパクトで多機能なものが好きでして、Zaurus MI-E1をかれこれ4年間使用しています。スケジューラ兼読書端末として活用してきました。

 そろそろ買い換えたいと思って、注目していたのはSL-C3200でした。広辞苑はついているし、画面がきれいで読書端末としても使いよさそうだし、ほしいほしいと思っていたんですが……。

 ほんの数日前に発売されたW-ZERO3 esが、今や気になってしょうがないです。SL-C3200の約6割の重さでありながら、PDAとしての機能と電話機能を持ち合わせ、しかもスライド式キーボードを搭載しています。

 ダイヤルキーでメールを打つのが苦手なわたしにとっては、小さくてもJIS配列のキーボードがついているのは、とてもありがたいのです。

 先週末、近場の電気店に見に行ったら、店員さんが実際に使える端末を触らせてくれました。SL-C3200や先行のW-ZERO3に比べれば、そりゃ画面サイズは小さいですが、それでも意外と文字は読みやすく思えました。

 これがあれば、これまで外出するときにはZaurusと携帯電話の両方を持って出ていたのが、1個で済んでしまいます。

 う〜ん、悩ましい。
posted by チム at 23:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21789287
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。