2012年01月04日

はまりつつあるハーレクイン

PSPでコミックスリーダーを扱っているということに気が付いて、ためしに読んでみようと思ってダウンロードしてみたのが、ハーレクインコミックス。お試し版で最初の数十ページしか読めなかったのがかえっていけなかったのか、次から次へとお試し版をダウンロードしてみて……。いつの間にやらコミックスだけでなく、ときどき小説版にまで手を出しています(^^ゞ。

ハーレクインは基本的にハッピーエンド、つまりヒロインとヒーローが結ばれるというのが原則らしいです。まだ、それほど読み込んでいるわけではないんですが、これはハッピーエンドと言えないのではないか、と思えるようなのも中にはありますけど。
日頃、仕事と家事に追われて、なかなか思うようにいかない現実の中、マンガあるいは小説の中だけでもすっきりとまとまるというのは、なんだか気分がいいものです……。

ちなみに現在のお気に入りベストスリーは、アン・メイザー原作、藤田和子著『背徳のキス』、シャロン・サラ原作、高山繭著『夜は別の顔』、シャロン・ケンドリック原作、小越なつえ著『夜ごとのシーク』ですね。
背徳のキスは、お互いの置かれた立場から、惹かれあうものの踏み込めないヒロインとヒーローが、感情を抑えきれずにある夜、ついに……というお話です。物語冒頭でヒロインが発した一言で、ヒーローだけでなくわたしも心をぐっとつかまれ、その後、ぐいぐいと話に引き込まれていきました。ストーリー自体は、さほどドラマチックなできごとがあるわけではないのですが、聡明で美しいヒロインがとても魅力的に描かれています。
余計なト書きがなく、登場人物の表情とか背景などの差し込みで感情を表現するあたり、なんというか、見事だなと。
原作は読んでいませんが、藤田和子さんのこの作品があまりにツボにはまって、もはや原作で漫画のイメージを損なわれたくない!(とは原作者に失礼ですが)くらいこの作品が気に入っています。
posted by チム at 15:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンス小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。